2019年03月14日更新

メガリスに含まれる成分について

メガリスとは、ED治療において日本で処方されているシアリスの、ジェネリック医薬品です。
そのため効果や成分は、シアリスと全く同じです。
メガリスの効果やメガリスに含まれる成分について、具体的にご説明します。
メガリスの成分について調べる男性まず効果ですが、催淫効果ではなく勃起をサポートする効果があります。
つまり服用により性的に興奮するわけではなく、性的に興奮した時にスムーズに勃起できるようになるという医薬品なのです。
メガリスは、ED治療薬の中では効果の持続時間が格段に長い点が特徴です。
一般的にED治療薬は持続時間が4~5時間ほどであることが多いのですが、メガリスは24時間から36時間ほどとなっています。
さらにアルコールを摂取していても効果が薄れることがないという点も、大きな特徴です。
主成分は、タダラフィルです。
タダラフィルには、ペニスの血管を拡張させ、血流を良くしたり多くの血液を集めたりする作用があります。
それにより勃起がスムーズになるわけです。
タダラフィルは、水に溶けない成分です。
そのため持続時間が長く、飲酒による影響も受けないのです。
ただし食べ物の影響は受けるので、体への吸収を良くしたり効果を出やすくするためには、空腹時に服用する必要があります。