2019年08月18日更新

栄養不足とステアリン酸バチルとメガリスについて

EDの原因にはいろいろありますが、ストレスや栄養不足、睡眠不足などがその原因となってしまうこともあります。
EDで悩んでいるという場合、ED治療薬を使用してみると良いでしょう。
最近ではさまざまなED治療薬が登場してきているため、その成分などについて気になるかもしれません。
ステアリン酸バチルとは化粧品や医薬品に対して、感触改良剤や乳化安定剤などの目的で用いられている成分であり、ED治療薬に使用されている場合もあります。
メガリスはED治療薬のジェネリック医薬品なのですが、インドの製薬会社が製造・販売を行なっています。
元の薬と同じ成分であるため、ほとんど同じ効果と安全性を期待できるでしょう。
また、ジェネリック医薬品なので価格についてはかなり安くなっています。
日本国内でメガリスを入手したいという場合、医師の処方箋によって購入することはできないため、個人輸入を利用することになります。
この薬の効果は他のED治療薬とほとんど同じなのですが、最大の違いはその効果の持続時間です。
他のED治療薬は服用してから4~5時間程度の持続時間であるのに対し、メガリスは最大36時間効果の持続が期待できます。
つまり薬の服用でムードが壊れるといった心配がありませんし、食事や飲酒などの影響を受けないため、服用のタイミングを気にする必要もないでしょう。
時間のある時に服用しておけば良いだけなので、ED治療薬が初めての人でも使いやすいです。
ちなみに、性的刺激が無い場合は効果が出ないため、勃起させるためには陰茎に性的刺激を与える必要があります。
メガリスの主要成分には血管を拡張させる働きがあるため、陰茎への血液の流入を促進することで勃起へと導きます。